中古コピー機の購入

起業する際、コピー機や複合機等のオフィス機器の購入は必要不可欠ですが、一気に揃えるとなると、相当額の負担を覚悟しなければいけません。コピー機の購入費用を抑える為には、どのような方法があるでしょうか。

一般的に、コピー機を導入する際に用いる方法として、新品購入、リースやレンタルの利用、中古コピー機を購入する方法があります。起業時のコストを低く抑える為に、どの方法が適しているかは、導入方法にはそれぞれメリットとデメリットがありますので、各会社によって異なります。各導入方法の特徴をきちんと知った上で、自分の会社にはどの方法が適しているかを判断する必要があります。もちろん、事業主の方の好みや希望もありますので、総合的に考慮しなければいけません。

コピー機等のオフィス機器を、自社の所有物にしておきたいと希望する場合には、購入(買い取り)する方法になりますが、新品で購入するか、中古コピー機を購入するかの二択になります。リースやレンタルを利用すると、初期費用は安く済みますが、長期的、トータル的な費用で考えれば、実は購入費用よりも高くついてしまいます。最初に支払うか、分割で毎月支払うかの差であると考えると分かりやすいかもしれません。その月額には手数料やメンテナンス費等も加算されますので、結果的に割高になるという訳です。ここでは、新規よりも安く導入できる、中古コピー機の購入について、新規と比較しながら說明します。