メンテナンスについて

中古コピー機を購入するにあたり、メンテナンスについて說明します。中古品の場合、購入後のメンテナンス費用について、高くついてしまうのではと、不安に思われるかもしれませんが、コピー機は設置場所、環境、使用頻度、扱い方等によって、状態は大きく異なってきます。その為、一概に中古品だからメンテナンス費用が高くつくとは言えませんし、また、メーカーや業者のメンテナンスサービスにも、いろいろな種類がありますので、会社にあったサービスを選択されると良いでしょう。

利用する業者によって異なりますが、メンテナンスサービスには主に、カウンター保守、スポット保守、トナー料金に保守料金が含まれるキット方式保守等があります。カウンター保守契約を利用する場合は、少し割高になる可能性がありますが、問題発生時には出張費や修理にかかる費用が無償でサービスを受けることができます。

スポット保守サービスの場合は、保守契約を利用せず、メンテナンスが必要な時のみ利用することができるサービスです。毎月、膨大な枚数を出力するという会社でなければ、こちらのサービスの利用でメンテナンス費を低くおさえることも可能です。自社にとって良いサービスについて一度業者に相談されることをお勧めします。


中古コピー機の選び方

コピー機は、中古機種となると、その新旧によって料金が変わってきますが、現代では比較的新しい機種でも中古として出回っていることも多く、新しい機種でも格安で手に入る可能性があります。中古コピー機の選び方ですが、自社に適したコピー機の選び方とは、会社でひと月にどれくらいの枚数を出力するかを基準にして判断するようにしましょう。

コピー機の様々な機能や出力スピードによって価格が決まってきます。出力スピードが速い商品は高く、遅いものは比較的安くなります。つまり、月間出力枚数が少ない会社で、出力スピードが最速の商品を購入したとしても機能やスペックを持て余すことになり、オーバースペックとなってしまいます。

逆に、月間出力枚数が多い会社で、出力スピードが遅い商品を購入すると、仕事に支障が出てしまうということになります。コピー機の選び方とは、値段で決まるのではなく、月間出力枚数によって判断するということを覚えておきましょう。また、コピー機を使用する社員が、どのような機能を必要としているかも大事なポイントです。会社を運営する上で、必要となる機能を考え、月間出力枚数を算出してから、中古コピー機の選択をするようにしましょう。


購入費用を抑えるなら

コピー機はオフィスには欠かせない機器ですので、起業時には必ず導入を考えることになります。購入(買い取り)をするのであれば、新しく購入するか、中古コピー機を購入することになりますが、やはり費用をおさえるという点において、中古コピー機がお勧めになります。新品購入と中古購入との違いについて考えてみましょう。

新品購入のメリットは、やはり最新の機種を選べることと、性能・品質の高いコピー機であるという点になります。新規であれば、故障する頻度も少なく、保守費用も安く抑えることができます。ただし、初期費用が高いことがデメリットになります。複数台購入するとなると、業務用機器では何百万とかかってしまうこともあります。

購入で安く費用をおさえるのであれば、中古コピー機がお勧めとなります。新品同様の機能を持つ中古コピー機も販売されていますので、格安で導入することができる上に、最初に必要になる費用も安く、また購入後もトナーやコピー用紙等の消耗品代を考えればよいだけなので、ランニングコストも安くつくことになります。自社の所有物となりますので、買い替えたい時に好きに買い取り、また安い中古コピー機を買うこともできることもメリットです。


中古コピー機の購入

起業する際、コピー機や複合機等のオフィス機器の購入は必要不可欠ですが、一気に揃えるとなると、相当額の負担を覚悟しなければいけません。コピー機の購入費用を抑える為には、どのような方法があるでしょうか。

一般的に、コピー機を導入する際に用いる方法として、新品購入、リースやレンタルの利用、中古コピー機を購入する方法があります。起業時のコストを低く抑える為に、どの方法が適しているかは、導入方法にはそれぞれメリットとデメリットがありますので、各会社によって異なります。各導入方法の特徴をきちんと知った上で、自分の会社にはどの方法が適しているかを判断する必要があります。もちろん、事業主の方の好みや希望もありますので、総合的に考慮しなければいけません。

コピー機等のオフィス機器を、自社の所有物にしておきたいと希望する場合には、購入(買い取り)する方法になりますが、新品で購入するか、中古コピー機を購入するかの二択になります。リースやレンタルを利用すると、初期費用は安く済みますが、長期的、トータル的な費用で考えれば、実は購入費用よりも高くついてしまいます。最初に支払うか、分割で毎月支払うかの差であると考えると分かりやすいかもしれません。その月額には手数料やメンテナンス費等も加算されますので、結果的に割高になるという訳です。ここでは、新規よりも安く導入できる、中古コピー機の購入について、新規と比較しながら說明します。